グランパパの想い

ママになる準備、パパになる準備

赤ちゃんのいのちがおなかに宿ってから、十月十日。ひとりの女性は、その小さないのちを大切にはぐくみながら、ママになる準備をします。そして、出産の日。わが子との共同作業を経て、初めて会えるよろこび。ママとして生きる覚悟ができる瞬間です。 では、パパは、いつからパパになるのでしょう。どんな準備をしながら、パパになる瞬間を待っていればいいのでしょう。

赤ちゃんのためにおしゃぶりをつくる

アイヌの民話に「妻が出産しているあいだ、夫はそばで木を削りながら、わが子の誕生を待ち、無事元気に生まれた子の手に、自分で削ってつくった“おしゃぶり”を握らせてやる。 」という話があります。 いのちをはぐくむママの隣で、まだ見ぬ我が子のためにおもちゃをつくるパパ。穏やかであたたかな時間です。 そして、愛する女性がママになった瞬間に立ち会い、一緒にパパとなるしあわせ。 待ちに待った赤ちゃんへ、手づくりのおもちゃを与えることで、パパの大きな愛を伝えられるのではないでしょうか。

おなかのなかの赤ちゃんと遊ぶ

グランパパのおもちゃには、職人さん手づくりのぬくもりあふれるものがたくさんあります。そのなかから、パパが、これはと思えるものを探し出してみてください。 そして、おなかのなかにいる赤ちゃんとコミュニケーションをとる道具にしていただきたいなと考えています。音の出るおもちゃを片手にパパが話しかける。「行ってきます」「ただいま」「いい子にしていたかい」「パパはずっと待っているよ」……。 そんな毎日の語りかけが、パパと赤ちゃんのきずなを強いものにしてくれるのではないでしょうか。 一緒に遊ぶ姿を思い描きながら、与えるおもちゃを選ぶ。その作業が、パパになるための準備期間なのかもしれませんね。

こどもの命はパパとママが守る

1歳から4歳までのこどもの死亡原因第1位は「不慮の事故」。大人には何でもないことも、小さなこどもにとっては危険なことがたくさんあります。 どのようなことが事故につながるのか、その事故を防ぐためにどうすればよいのかを知って、日常生活で危険がないように工夫しましょう。万が一、事故が起こったときの対処法も、予備知識があれば安心です。

安全で機能的なおもちゃを探しましょう

【毒物を飲んだとき】 生後5〜6カ月を過ぎると、こどもは手にしたものを何でも口に入れようとします。これは成長過程で正常な発達行動です。 しかし、小さなこどもには、手にしたものが食べられるものかどうかの判断がつきません。そのため、手にしたものが危ない物であった場合は、誤飲の事故が起こります。飲み込むと危ない物は、こどもの手の届くところに置かないようにしましょう。もし、間違って飲み込んでしまった場合は、何を飲み込んだのか確認し、適切な処置ができるときは処置したあとで急いで病院へ連れて行きます。
■吐き出させるもの:たばこ、シャンプー、リンス、医薬品、防虫剤など
■吐き出させてはいけないもの:除光液、灯油、ガソリン、漂白剤など

様子を見ながら対処するケース

【溺れたとき】
小さなこどもは、わずか10〜20センチくらいの水でも溺れてしまいます。おふろでは、入浴中はこどもから目を離さないようにして、おふろ場にひとりで入れないよう外から鍵をかけたり、取っ手を高くしたり工夫することが大切です。また、洗濯機の周りには、ひとりで中を覗くことがないよう台になるものを置かないようにしましょう。 もし溺れてしまった場合は、胸に耳を当てて呼吸を確かめます。呼吸をしていなかったり心臓が動いていない場合は、すぐに人工呼吸とマッサージをします。意識も呼吸もある場合は、水を吐かせます。ひととおりの対処が終わって大丈夫そうに見えても、必ず病院へ連れて行くようにしましょう。
【頭を打ったとき】
小さなこどもは頭が大きくて重いために、うまくバランスを保つことができません。また、視野が狭いので、転んだり、高いところから落ちたりすると、頭を打つことが多くなります。窓やベランダの近くに、踏み台になるものを置いておくと、転落などの原因にもなるので置かないようにしましょう。 頭を打ってしまったとき、大声で泣いてそのあと元気であれば様子をみるだけで大丈夫です。しかし、意識がない場合は、横向きに寝かせて救急車を呼んで病院へ。意識がある場合は、頭を高くして静かに寝かせます。元気に見えても、24時間は激しい運動を避け、経過を観察することが必要です。

3歳までの情緒教育

人が人として生きるために、魅力的な人生を生きるために必要なチカラとは何か。グランパパでは、それを「情緒」だと考えています。 美しいものを美しいと感じるチカラ、正しいものを正しいと言い切るチカラ、ココロの底からたのしいと思えるチカラ。 これらは、「知育」では得られないものです。音楽や美術などの「情操教育」にたどりつくもっと以前、魅力的な人になるための土台として、3歳まではたくさん遊んで「情緒」を育ててほしいと思うのです。

遊ぶ門には福がくる

遊びの本意は、人と人が顔を見合わせて遊ぶことにあります。人と接して遊ぶからこそ、喜怒哀楽が生まれます。赤ちゃんが起こした行動に、反応があることが大切です。 形を変えるおもちゃや、人と一緒に組み立てるおもちゃ、お人形遊びなど、相手が変化することによって赤ちゃんの情緒が豊かに育つのです。 テレビやビデオだけでは情緒は育ちません。頭で考えて導く理屈ではなく、ココロの奥底で感じることができる人になってもらいたい。人としての基礎は、3歳までにほぼできあがるとも言われています。

最初のしつけはおもちゃを使って

また、情緒が育たないうちはしつけをしてはいけません。人としてのココロができたところで、初めてしつけが効果をあらわすのです。 3歳になれば、幼稚園や保育園などでこども同士の交流も増えるでしょう。そのとき、親がしつけておきたいことは、自分のおもちゃをほかのこどもに貸してあげられるかどうかだとする学者もいます。 他人の喜ぶ顔を見て、自分の喜びとするためには、豊かな情緒の育ちと、人との遊びの経験が必要です。利口であったり技術が高かったりする必要はないのです。 自分の気持ちがわかると同時に他人の気持ちにも共感できる人をたくさん育てたい。魅力ある情緒豊かな人に育つかどうかはこども時代にどれだけたくさん遊んだかにかかっています。